沖井クリニックロゴ

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 利用者の声
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ

ご案内

  • 外来診療
  • 訪問診療
  • 外来理学療法
  • 訪問リハビリ
  • リハビリ診療
  • 居宅介護支援事業所
  • デイサービス「なごみ」
  • 通所リハビリ「ロマンチカ」

沖井クリニックについて

  • 院長挨拶
  • クリニック概要
  • クリニック理念
  • クリニックの歩み
  • スタッフ紹介

採用情報

  • 採用情報

ブログ

  • 院長の徒然書き
  • 明医師のオキイアキログ

クリニックの歩み

沖井クリニックの歩み

1939年
(昭和14年)8月1日
沖井病院として設立
1940年
(昭和15年4月)
現地に新築移設
1945年
(昭和20年8月)
太平洋戦争末期の爆撃で至近距離に爆弾が破裂して、建物に多大の損害を受けた
1974年
(昭和49年6月)
組織を医療法人沖井病院に改組
1976年
(昭和51年4月)
病院を改築
1994年
(平成6年4月)
医療法人和会(なごみかい)と名称を変更し、介護施設(デイサービスなごみ)、介護業務を併設する

開設当初から、この地区の唯一の外科系病院として、外科的疾患の医療に尽くしてきた。
町の発展とともに救急医療にも積極的に関与してきたが、病院は昭和20年爆撃により多大の損害を受けた。
その後、組織を医療法人に改め建物も改築して、地域医療に専念してきた。地域の人口動態に変化、少子高齢化もあり、特に地区の発展に貢献してきた人たちの高齢化、孤立化等が見られるためデイサービスの設立、訪問診療、訪問リハビリなど在宅医療など高齢者対策にも尽くしている。